DSCN0588

 皆様 こんにちは

 今回は不動産物件の 「変わりゆくニーズ」の
 お話をしたいと思います。

 数字にも表れる形で「アフターコロナ」を意識した
 社会への移行が現実的になっています。

 実際に感染が拡大する前にエリアを選ぶときに
 「通勤時間」等が上位を占めていましたが

 現在では「自然が多い・ 環境が良い」などが
 上位に上がって来ているように感じます
 

 
 今回の「新型コロナ感染」においても
 多くの人が集まる場所から 出来るだけ避けようと 人の少ない所に出かけようと
 する方が多いように 密を避ける動きは加速していきそうです

 その中で 実際にココ数ヶ月の間で 物件選びに重要視されるのが
 広いリビング → 「個室」に変化

 「共用部より個室を重視」される方が 増えている印象に有ります
 家の中で不用意に外出を避けるとなってきた現在ですが
 家族からの感染というリスクも 同時に発生しているので

 万が一 感染が発覚しても 出来るだけ遮断の出来る空間が 必要という方が増えています

 今後 「テレワーク」「リモート出勤」「部署別出勤」等が主流になっていけば
 自宅で過ごすことが多くなるため 自分の時間を充実させたい

 会社から少し遠くても 自分の好きな環境に住みたい
 (趣味のサーフィン・釣りに行きたいので海の近くに住みたい 等が
  わかりやすい 例でしょうか)

 より快適に生活したい・自分の時間を持ちたい等 

 郊外の需要が高まるのではないかと 感じています。

 
 「不動産は社会情勢に影響される業種です」
 
 近年の動向を 見た感想をお伝えしてみました

 数ある選択肢の一つとして参考にして頂ければ幸いです