front-2


「ペット可」となっている物件でも、
無条件にペットの飼育が許されているわけではありません

今飼っているペットと住みたい、これからペットを飼う予定などの状況に応じて、
ペットの種類や数を連絡した上で、ペットとの入居が可能か事前に確認することをおすすめします

 
また、可能となった場合でも、入居前に、物件の管理会社などに事前連絡、
申請をする必要があります、申請内容には、ペットの大きさ、数、種類、
予防接種履歴等が必要になることが多いです


たとえ「ペット可」であっても、ペットを飼っていない人や隣近所への配慮は当然必要です。

ペットの鳴き声、共用部分でのペットの扱い方など、「ペット飼育規約」などで詳しく決められているので、
事前にしっかり読んで、理解しておきましょう。


また、隣近所、他の入居者とのトラブルを避けるためにも、
日ごろからコミュニケーションを図り、良好な関係を築いていくことが大切です。


 この事は、「ペット」だけではなく、あらゆるトラブル回避にもつながります。

たとえば、上下階の生活音のトラブルなどでは音の感じ方は個人差が大きいので、
見ず知らずの他人にはイライラしても、
コミュニケーションが取れている相手ならそれほど気にならないという事もあるのです。


大切なペットが居心地よく暮らせるのはもちろん大切ですが、飼っている人、周りの人
みんなが居心地よく暮らせるようにお互い協力しましょう。


「ペット可」賃貸が、増える傾向にはありますが、自分の希望エリアにあるとは限りません。
実際に下見に行く場合は、お部屋の設備だけでなく、周辺環境のチェックもお忘れなく!


「ペット可」賃貸の敷金は、ペットによって床や建具が汚されたり、破損されたりすることが予想されるので、
一般物件より 敷金等が1ヶ月分ぐらい高く設定されていることが多いです。

いろんな条件を総合的にみて、ペットも飼い主も楽しく過ごせるお部屋を見つけてください