111

こんにちは

寒い日が続いています。

近畿地方でも年明けから何日か雪の降る年もあり

最近では「受験」や「インフルエンザ」等の言葉とともに「大雪」などのニュースが報じられることも増えているような気がします。

不動産管理業の弊社にとって、冬は「雪の日」夏は「台風の日」に管理物件で何かあるかもと準備します。

「雪の日」のトラブルといえば、水道管の凍結・破裂です。

112

基本的には凍結の場合は気温が上がるまで待ってもらうか、破裂の場合はメーターの先にバルブがありますので、そこで一旦水を停めて、専門業者さんを呼ぶという解決方法しかないのです

公の管理部分については壊れにくい、丈夫な管への変更が順次行われているので、主に水道管の凍結や破損が問題となるのは 各敷地や住戸への引き込み部分です。

年末年始に 里帰りする方もおられると思いますが
寒い季節は 旅行など長期不在の場合

ブレーカーを落とさずに給湯器などに
電源を通しておくことを お勧めします。

不在中に 管が破裂し 水がダダ漏れと
いうことも有ります。

破裂した箇所や状況によっては 水漏れに気づかず 
入居者様の水道メータが回る事もあります

こういう 事が起きましたら
すぐに 管理会社へ連絡する事を お勧めします。