• IMG_5007
  • IMG_5008
  • IMG_5009
こんにちは!スタッフの安原です

前回からの続きです

キャンプ場に戻ってきてビックリ!GWであんなに賑わっていたお客さんが、誰一人として残っておらず、私たちのテントだけがポツーンと取り残されておりました。。。笑
GW最終日でしたがまさか誰一人いないとは思いませんでした!
貸し切り状態なので回り気にせず音楽とかも流せていいのですが、夜は真っ暗すぎてちょっと怖いのと、動物がうちのテント一択で食べ物を狙いにくるので厄介ではあります。笑
そんなこんなで、途中雷雨で車に避難しながらも、最後の夜をゆっくり過ごして就寝しました


次の日は、テントを片付けキャンプ場を後にし、四万十川のほうへと上ることにしました!

四万十川の近くには、ウナギ屋さんがいくつかあり、川沿いの「さこや」というお店に立ち寄り、そこで昼食を頂くことに!

うな重と、四万十川で毎日少ししか取れない、川エビのから揚げを頂きました!初めに、今朝取れたばかりという川エビの生きた状態をみせて頂いて、しばらくして出てきたのがこの色鮮やかなエビのから揚げ!
見た目も綺麗なんですが、これ、お味もめちゃくちゃうまいです!!
揚げたてであつあつのサクサクなのはもちろん、川エビの旨みがすごい濃厚!
ほどよい塩加減なのでパクパク箸がとまらない状態でした。笑

あっという間になくなって、お次はうな重
養殖ですが、身が分厚くてふわふわで、タレの味も好みでぺろりと完食
四万十川でとれたあおさの味噌汁も美味しかったです

お腹いっぱいになった後は、近くにある沈下橋というところへ写真撮影に
川が氾濫すると、橋が沈んだように見えなくなるという。。。
四万十川も絶景で、風も気持ちよくて、開放的なスポットでした

そこからずっと川沿いを上っていき、次は四国カルストへ向かいました!

途中、愛媛県鬼北町にある日吉夢産地という道の駅に寄ってみると、テレビかネットでみたことのあるモニュメントが!

美人な鬼のお母さんが、赤ちゃん鬼を抱いている像です
実物を見て、めちゃくちゃ大きくてクオリティの高いフィギアみたいだなと、しばらく見とれてしまいました
その道の駅で、たまたま焼きたての食パンが売っていて、誘惑に負けて1斤丸ごと購入!
お味は黒糖クルミにしましたあつあつのふわふわで、手でちぎって食べたら最高の幸せでした。笑
もしお近く通ることがあればぜひ立ち寄ってみてくださいおすすめです

くねくね山道を進んで、やっと四国カルストへ到着!
高いお山の頂上にあるので、広がる四国の景色が絶景でした
白い石灰岩もゴロゴロたくさんあって、そこに大勢のウシさん達が放牧されていました。
このとき5月でしたが、四国カルストは標高1,400mなので気温が5度以下でおまけに冷たい風が強く吹いていて、夏の装いで来た私には極寒でした。笑
ほとんど車の中から四国カルストを眺め、最後の観光を終えたのでした

下道を通って香川県丸亀市まで戻ってきたころにはすっかり夜になっていて、夕飯に名物の骨付鳥を頂いて、主人がお酒を飲んだので、そこから自宅までは私の運転で眠気を我慢しながらやっとこさ帰宅できました

四国はまだまだ行ってみたいところもありますし、もう一度行ってみたい場所も今回の旅で増えたので、まだまだ遊び足りないって感じですね

長くなってしまいましたが、今回で土佐清水キャンプ・四国観光レポは終了です!
早くも今年2回目のキャンプも8月のお盆休みに計画中なので、そちらも楽しみです

ここまでお読みいただきありがとうございました